<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工藤律子先生の作品展
工藤律子先生のパンチュールペイザンヌ作品展に行ってきました。
私の先生にお誘いいただいたのですが、パンチュールの世界に引き込まれました。
なんともすばらしい作品ばかり・・・。溜息です。

工藤先生もとても優しい方で、丁寧に説明して下さいました。
本にちゃっかりサインも頂き&写真も撮ってもらいました。

作品展はカレー屋さんのギャラリーだったので、私の先生と感動の溜息まじりにカレーを食べて帰りました。
私にとって、とっても有意義な一日となりました。

1dayセミナーもされているので、是非参加してみたいです。
パンチュール・案内
サイン
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ヨーロピアン
なんだか中央アジアといい、hitotomoさんと好みが同じで凄く嬉しいです。
私もパンチュールペイザンヌ大好きです。
いつも素晴らしいなと思ってJDPAのブースなどで拝見しています。
加えて、いろいろなヨーロッパ系の伝統的な絵付け技法がとても好きです。
長い間に形成された様式美に憧れを感じます。
実はペイザンヌと近い、バウエルンマーレライはしばらく習っていたんですよ。
最後にお免状を取るかとらないか悩んで、取らなかったのでそこで終わってます。
最終的に、マーレライから派生したマルチローディングを選んだ感じですが、
工藤先生の作品も、伝統的な技法にとどまらず、独自のセンスで
それ以上に魅力的なものになっていて、
そういう意味ではエニッド先生のようだと思います。

フレデリックさんへ
フレデリックさん、バイエルンマーレライを習われていたんですね。
マーレライもまた観ているだけで溜息が出てしまいますよね。v-10
トールペイントを始めた頃は、マーレライやヒンダローペンなどあまり描こうとは思わなかったのですが、最近はとても興味があります。
この日は工藤先生のお弟子さんが来られていたのですが、その方はバイエルンマーレライを習っていたとおっしゃっていました。

作品展は本当に素晴らしく下地の作り方ですごく重厚に感じて、その作り方もすごく興味があります。

人数があつまれば1dayレッスンもしてくれるそうなので、私の先生と相談して是非実現したいなぁv-238と思っています。
プロフィール

hitotomo

Author:hitotomo
岡山県在住。

日本手芸普及協会ペイント部門講師会員。

只今子育て真っ最中です。

これからも心のこもった作品を
描き続けたいと思います♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
wreathclock
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。